シャッター アイランド

公開:2010年
監督:マーティン・スコセッシ
出演:レオナルド・ディカプリオマーク・ラファロベン・キングズレーほか

Wikipedia
IMDb
破壊屋
Amazonプライム・ビデオ

あらすじ
ミスティック・リバー」のデニス・ルヘイン原作の同名小説をマーティン・スコセッシ監督&レオナルド・ディカプリオ主演で映画化。1954年、失踪した女性患者の謎を探るためにボストン沖の孤島に建つ犯罪者用精神病院を訪れた米連邦保安官テディ・ダニエルズ(ディカプリオ)に次々と不可解な出来事が起こる。

映画.comより

ダッハウと妻の死という2つのトラウマを抱えた連邦捜査官ディカプリオが孤島の精神病院で発生した患者脱走事件に挑む。

見る価値なし。

Amazonプライム・ビデオ、2.5倍速で視聴。
1度見たことあるがまったく内容を思い出せなかったので再度視聴。悪くはない。とくにC棟でのノイスとの会話なんかは映画の進行上の嘘と物語の内容がうまく混ぜ込まれていておもしろいし、画面的にもいいシーンが多かった。しかし肝心の物語の仕掛けがあんまり…まあそうかなという妥当な範囲内におさまっていて、重厚な雰囲気はあるものの、なにか深く感じさせるものはない。悪くはないが、わざわざ見るほどのものではない。この手のサスペンス映画は技巧的なおもしろみが優先され、視聴者がそこからなにかを感じとるのが難しいきらいがありますね。『サイド・エフェクト』くらいまで突っ切ってくれるとそれはそれでおもしろいんですが。

f:id:ushibuta3:20180731215617j:plain
ところでこの車のシーンは不自然なまでに同じカットが連続していて気になりました。早送りでなければムカついていた可能性が高い。