COP CAR/コップ・カー

公開:2015年
監督:ジョン・ワッツ
出演:ケヴィン・ベーコン、ジェームズ・フリードソン=ジャクソン、ヘイズ・ウェルフォードほか

Wikipedia
IMDb
Amazonプライム・ビデオ

あらすじ
ケビン・ベーコンが主演・製作総指揮を務め、イタズラで警察車両を盗んだ少年が、恐ろしい悪徳保安官から執拗な追撃を受ける様を描いた。家出中の少年2人が荒野で1台のパトカーを偶然見つける。ゲームで覚えた運転知識で本物のパトカーを無邪気に乗り回す2人だったが、そこへ車を盗まれたことに気付いた持ち主の保安官から無線が入る。やがて少年たちは、車のトランクにあってはならないものがあることを知る。

映画.comより

オフビートなコメディ+サスペンス+ジュブナイルもの×ケビン・ベーコン

見る価値あり。

Amazonプライム・ビデオ、等倍速で視聴。おもしろかった! ケビン・ベーコンをはじめ主要登場人物がみんなかわいい。ケビン・ベーコンのアイドル映画と言っても過言ではない。引き気味の画面を維持してるのもとてもよい感じ。最後の展開もまあ子供映画だろと思って舐めてると意外ときっちり踏み込んで来るので観ていて退屈しない。ただジュブナイルものにしては表現がハードすぎで、いったいどこに向かって珠投げてんだという気もする。ひとに勧めづらい。なおサスペンスパートは最後30分だけで、残り1時間は完全なコメディなのであんまり身構えないほうが楽しめる気がします。あらすじに騙されてはいけない。

f:id:ushibuta3:20190103012824j:plain

f:id:ushibuta3:20190103012840j:plain

f:id:ushibuta3:20190103012850j:plain

f:id:ushibuta3:20190103012909j:plain
かわいい。

メカニック

公開:2011年
監督:サイモン・ウェスト
出演:ジェイソン・ステイサムベン・フォスター、トニー・ゴールドウィンほか

Wikipedia
IMDb
Amazonプライム・ビデオ
Netflix

あらすじ
1972年公開のチャールズ・ブロンソン主演の同名アクション・スリラーを、ジェイソン・ステイサム主演でリメイク。いかなる殺しも事故に見せかけて遂行する凄腕の暗殺者ビショップ(ステイサム)の親友マッケンナが殺害される。ビショップは親友の死を静観し、次の仕事にとりかかるが、マッケンナの息子スティーブが暗殺者として弟子入りを志願してくる。

映画.comより

ステイサム主演のバカアクション映画。今回の設定は殺し屋。

見る価値なし。

Amazonプライム・ビデオ、等倍速で視聴。オープニングから無茶な暗殺計画を実行してくれるおかげで真面目に見ようという気がちゃんとゼロになるし、最後まで感傷にひたらずバカを貫き通していて好感が持てる。おもしろくはない。

ボーダーライン

公開:2015年
監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ
出演:エミリー・ブラントベニチオ・デル・トロジョシュ・ブローリンほか

Wikipedia
IMDb
Amazonプライム・ビデオ
Netflix

あらすじ
プリズナーズ」「灼熱の魂」のドゥニ・ビルヌーブ監督が、「イントゥ・ザ・ウッズ」「オール・ユー・ニード・イズ・キル」のエミリー・ブラントを主演に迎え、アメリカとメキシコの国境地帯で繰り広げられる麻薬戦争の現実を、リアルに描いたクライムアクション。巨大化するメキシコの麻薬カルテルを殲滅するため、米国防総省の特別部隊にリクルートされたエリートFBI捜査官ケイトは、謎のコロンビア人とともにアメリカとメキシコの国境付近を拠点とする麻薬組織撲滅の極秘作戦に参加する。しかし、仲間の動きさえも把握できない常軌を逸した作戦内容や、人の命が簡単に失われていく現場に直面し、ケイトの中で善と悪の境界が揺らいでいく。

映画.comより

メキシコ麻薬戦争だイェイイェイ。

見る価値なし。

Amazonプライム・ビデオ、等倍速で視聴。おもしろい。でもすきかきらいかの尺度でいえばかぎりなく無に近い。とくに感想もないしすぐに忘れそう。

f:id:ushibuta3:20190102201122j:plain

f:id:ushibuta3:20190102201138j:plain
この2人を最後まで同一人物だと思いこんでてちょっと混乱した。見返したらまったくの別人でびっくりだよ。

 

f:id:ushibuta3:20190102201230j:plain

f:id:ushibuta3:20190102201236j:plain

f:id:ushibuta3:20190102201246j:plain

f:id:ushibuta3:20190102201254j:plain
この拷問シーンよい。

ネオン・デーモン

公開:2016年
監督:ニコラス・ウィンディング・レフン
出演:エル・ファニングカール・グルスマンジェナ・マローンほか

Wikipedia
IMDb
Amazonプライム・ビデオ
Netflix

あらすじ
ドライヴ」のニコラス・ウィンディング・レフン監督がエル・ファニングを主演に迎え、究極の美を追求するファッション業界に渦巻く欲望と狂気を、きらびやかに彩られた独特の映像美とスタイリッシュな音楽に乗せて描いたサスペンススリラー。トップモデルを夢見て故郷の田舎町からロサンゼルスに上京してきた16歳のジェシー。人を惹きつける天性の魅力を持つ彼女は、すぐに一流デザイナーや有名カメラマンの目に留まり、順調なキャリアを歩みはじめる。ライバルたちは嫉妬心から彼女を引きずりおろそうとするが、ジェシーもまた自身の中に眠っていた異常なまでの野心に目覚めていく。

映画.comより

メタファーってそういうことじゃなくない?という気がしてならない。

見る価値なし。

Amazonプライム・ビデオ、等倍速→3倍速で視聴。画面はきれい。ただしゆるゆるの展開とクソみたいな会話、そしてアートぶった退屈な映像のおかげで映画としてはほんとうにだめ。とくにセリフが致命的。音楽もダサい。

f:id:ushibuta3:20190102170746j:plain

f:id:ushibuta3:20190102170829j:plain
画面としてよいとおもったのはこの2箇所です。

スキャナーズ リストア版

公開:1981年
監督:デヴィッド・クローネンバーグ
出演:スティーヴン・ラック、ジェニファー・オニールマイケル・アイアンサイドほか

Wikipedia
IMDb
Amazonプライム・ビデオ

あらすじ
デビッド・クローネンバーグ監督が超能力者たちの戦いを描くSFスリラーで、のちにシリーズ化もされたヒット作。浮浪者のべイルは自分がスキャナーと呼ばれる超能力者であることを知らされる。その頃、もうひとりのスキャナー、レボックがコンセック社の会議場で人の頭蓋骨を破裂させるという事件が起こる。自らの能力を使って、世界征服をたくらむレボック。女性スキャナー、キムとともにレボックを追うベイルは、やがて自分とレボックにまつわる秘密を知ることに……。

映画.comより

マイケル・アイアンサイドの顔映画。

見る価値なし。

Amazonプライム・ビデオ、等倍速で視聴。リストア版の公開は2013年。クローネンバーグとか好きなひとが見たらおもしろいんだろうなぁという感じ。ジャンル映画ですかね。映像はきれいですが冒頭の頭爆発がクライマックスである感は否めない。最後にじつは血のつながった親子でした!とやるのもやや興ざめ。

f:id:ushibuta3:20190102162318j:plain
この殺し屋がバンからだらだらと降りてくるシーンめっちゃかっこいいんだけど結局何者だったのか謎。全体に敵味方の行動原理が不明な映画だった。

ハードコア

公開:2015年
監督:イリヤ・ナイシュラー
出演:シャールト・コプリー、ダニーラ・コズロフスキー、ヘイリー・ベネットほか

Wikipedia
IMDb
Amazonプライム・ビデオ
Netflix
ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル「シネマハスラー」

あらすじ
サイボーグ化された男性が愛する妻を救うべく壮絶な戦いに身を投じる姿を、主人公の一人称視点のみで描いた新感覚アクション。

映画.comより

とてもよくできたFPSゲームのプレイ動画。

見る価値なし。

Amazonプライム・ビデオ、等倍速で視聴。全編一人称視点で進むアクション映画。撮影技術の進歩を体感できる。よくできている。すごい。けどそれ以上の感動はあまりない。いいところもいっぱいあるんだけど、うーん。いまいちこっちの想像を超えてこないんだよなあ…。あ、あと設定はガバガバです。

f:id:ushibuta3:20190102151731j:plain

f:id:ushibuta3:20190102151815j:plain

f:id:ushibuta3:20190102151826j:plain
チープさとうつくしさを両立させたオープニングは好き。軽薄さと深刻さ。

 

f:id:ushibuta3:20190102151849j:plain
後半のバディ感とか見ていてグッとくる。

 

f:id:ushibuta3:20190102151901j:plain
このいかにもFPSっぽい部屋とかアドレナリンつかってスローモーションになるところとか笑ってしまった。ラスボス戦で急にこれまでとはちがう操作を求められる感じとか。こういうゲームやったことある。

 

f:id:ushibuta3:20190102151931j:plain

f:id:ushibuta3:20190102151940j:plain

f:id:ushibuta3:20190102151957j:plain
ここのウィットな会話すき。

 

ワイルド・スピード ICE BREAK

公開:2017年
監督:F・ゲイリー・グレイ
出演:ヴィン・ディーゼルドウェイン・ジョンソンジェイソン・ステイサムほか

Wikipedia
IMDb
Amazonプライム・ビデオ
ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル「シネマハスラー」

あらすじ
ビン・ディーゼルドウェイン・ジョンソンらが共演する大ヒット人気カーアクション「ワイルド・スピード」シリーズの第8作。誰よりもファミリーを大切にしてきたはずのドミニクが裏切り、ホブスやレティ、ローマンらはドミニクを取り戻そうと奮闘。その中でファミリーは、最大の敵だったデッカード・ショウとも手を組むことになる。

allcinemaより

おどろくほどクオリティが安定しない超人気アクションシリーズ第8弾。

見る価値なし。

Amazonプライム・ビデオ、2倍速で視聴。前作がよかったので期待したんですが、全然ダメでした。これまでストーリーはどんなに破綻していても、観客の快楽原則にだけはちゃんと従っていたのに、今回はそれも無視してしまった。ドムの裏切り、ハンを殺したステイサムの仲間入り、子を持つ母の死、これらの要素は見ていてすべて気持ちよくない。中盤のカーチェイスシーンは『ワールド・ウォーZ』やシャマラン作品の群衆描写を思わせ、迫力もあるのだけれど、同時に拭いがたい強力なB級臭が漂う。どうにもうまくいっていない。ダメです。